潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

今日が人生の底

先日読んだとある本にこんなことが書かれていました。

 

「今日が人生の底である」

 

意味としては、

 

「今が一番未熟な状態なのだから、

これからの人生には伸びしろしかない」

 

といったような意味になります。

 

似たような言葉は耳にしたことがありますが、

この言葉は僕にとってとてもしっくりきました。

 

字面だけ追っていくとネガティブな印象がありますが、

実は希望にあふれたポジティブな言葉なのです。

 

 

人間には無限の可能性がある

f:id:Apollojustice:20210315182810j:plain

ほとんどの人は自分の能力にフタをしています。

 

自分で自分の限界を決めているといってもいいかもしれません。

 

すべての人間には無限の潜在能力が秘められており、

それを活かすことさえできれば、どんな人でも成功を掴むことは可能です。

 

「そんなわけあるか」

 

ともしあなたが思うのであれば、

それは自ら自分の可能性に限界を決めている証拠です。

 

大きな成功を掴むための第一歩は、

自分に無限の可能性が秘められていると信じること。

 

そして、自ら限界を決めない事です。

 

今日が人生の底

もし今日が人生の底で、

これからの人生伸びしろしかないのであれば、

自分の未来にワクワクしてきませんか?

 

どんなに今うまくいっていなかったとしても、

未来に明るい希望が持てるようになるはずです。

 

今うまくいっている人も、

「さらによくなる」と思ったら、

ワクワクせずにはいられませんよね。

 

自分に秘められた無限の可能性を信じれば、

「今日が人生の底である」という言葉も

腑に落ちるのではないでしょうか?

 

明るい未来は現在を明るく照らす

今は景気も落ち込み気分も落ち込んでる人が多いと思います。

将来に対して漠然と不安を抱えている人も少なくありません。

 

人生は一度きりで過ぎ去った時間は戻ってこないのだから、

1分1秒でも長く楽しい時間を過ごしたいものですよね。

 

人生の貴重な時間をネガティブなことを考えるのに使うのはもったいないです。

 

この「将来に対する漠然とした不安」というのが厄介で、

この不安によって今という時間も楽しめなくなります。

 

楽しい時間に憂鬱なこと考えると、

心から楽しむことができなくなるのと同じです。

 

未来の不安によって今この瞬間を台無しにしてしまうということです。

 

未来にワクワクすることができれば、

今この瞬間も明るい気分になります。

 

どちらの気分で過ごすかは自分で決められるのだから、

どうせなら楽しい気分で過ごした方が得です。

 

自分の人生はこんなもんじゃない

自分に秘められた潜在能力を活かせれば、

世界ナンバーワンになることも不可能ではありません。

 

あなたは自分の人生を小さく縮こまらせていませんか?

 

もし思うような結果を得られていないのであれば、

それは自分で自分に制限をかけてしまっているだけです。

 

個々の人間の個体差はそれほど大きくありません。

 

違いを生んでいるのは自分の考え方に原因があります。

 

どんなに世間から認めてもらえなくても、

自分だけは自分の味方でいて応援してあげてください。

 

「自分の人生はこんなもんじゃない」

 

そう信じることができれば、

必ずいつか花開く日がやってきます。

 

まとめ

人間には成長欲求というものがあります。

 

自ら可能性を制限してしまうことで、

その欲求を満たすことを放棄することになります。

 

どう考えるかは自分の自由なのだから、

どうせならプラスに考えた方が得だと思いませんか?

 

「今日が人生の底」

 

これからやってくる人生には、

成長・進化というワクワクが待っています。

 

楽しんでいきましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。