潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

覚悟を決めること=自分の人生に責任を持つこと

人生を変えたいと願っているにもかかわらず、

一歩踏み出すことができない人が多いですが、

その理由について考えてみました。

 

一歩踏み出すことができるかどうかは、

覚悟の強さに関係していると思います。

 

腹を決めて「絶対にやりきる」という覚悟があれば、

行動できないことはまずありません。

 

現代社会は情報が溢れているだけに、

選択肢が多すぎて迷っている人も少なくありません。

 

「自分のやろうとしていることは本当にうまくいくのか?」

「他にもうまくいく方法があるのではないか?」

 

選択肢が多ければ多いほど、

このような思考パターンに陥りなかなか動き出すことができません。

 

 

f:id:Apollojustice:20210201195004j:plain


 

覚悟ができない理由

覚悟ができない理由はただ一つ、「リスクがある」からです。

 

リスクがないことであれば、

覚悟などしなくても行動できます。

 

例えば、目の前にサイコロが転がっているとします。

 

偶数の目が出たら1000万円もらえるかわりに、

奇数の目が出たら1000万円払わないといけません。

 

あなたはこの勝負に乗りますか?

 

おそらく多くの人は「乗らない」という決断をするはずです。

失敗したときのリスクが大きいからです。

 

ここまで極端な例でなかったとしても、

同じような思考パターンによって、

覚悟をすることを避けてしまいます。

 

リターンとリスクは表裏一体

リターンとリスクは表裏一体です。

リスクが高いことはリターンも大きい場合がほとんどです。

 

この場合のリスクとは必ずしも金銭的リスクだけとは限りません。

 

膨大な時間や労力を無駄にするかもしれないし、

人間関係をダメにしてしまうかもしれません。

 

「やる」と決めたことを継続できないのは、

自分自身に対するコミットが弱いからです。

 

100%覚悟を決めていたら「やめる」という選択肢はないはずです。

 

リスクが怖いときの対処法

リスクが怖くて覚悟できないときの対処法は2つあります。

 

①引き際を決めておく

②最悪の事態を想定する

 

①は「ここまでやってダメだったら諦める」という基準を決めることです。

 

引き際を事前に設定しておけば、

うまくいかなかったときのダメージを

最小限に抑えることができます。

 

②「最悪の事態を想定する」のはかなり効果があります。

 

僕たちはただ漠然とリスクを恐れていますが、

最悪の事態とその対処法をイメージしてみると、

実は意外にそこまで怖いことではないことに気づくものです。

 

人生は冒険

人生は冒険のようなものです。

 

リスクを恐れて行動しないでいると、

いつまでたっても冒険の旅に出ることはできません。

 

RPGゲームをイメージしてみてください。

 

冒険の旅に出ないということは、

ずっと最初の町から外に出ず、

同じ町の中をウロウロしているようなものです。

 

安全ではありますが、

外の世界の冒険を楽しんだり、

お宝を手に入れることはできません。

 

まとめ

覚悟を決めるということは、

自分の人生に責任を持つこと。

 

どんなことがあっても自分の人生に言い訳しないことです。

 

覚悟を決めれば人生を自分でコントロールできます。

 

一歩は踏み出そうとしているあなたは素晴らしいです。

 

責任を持つと聞くとマイナスなイメージを持つかもしれませんが、

その責任の範囲内であれば自分の好きなよう(自由)にできるというメリットがあります。

 

www.theloablog.com

 

自分の人生に責任を持つことは、

自分の人生を自由にコントロールできるということです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。