潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

想像なき創造はない(すべてのものは2度作られる)

頑張ってるのになかなか願望が実現しない人は、

想像力が足りていないのが原因かもしれません。

 

「は?」という声が聞こえてきそうですが、

想像力は願望実現において極めて重要な存在なのです。

 

あなたは「すべてのものは2度作られる」という言葉を聞いたことがありますか?

 

どんなものでも「創造」の前に「想像」があるということです。

 

頭の中でイメージできないものは形にすることはできません。

 

例えば絵を描いているとして、

車をイメージせずに車の絵を描くことはできないでしょう。

 

思考は現実化すると言いますが、

言い換えると思考しないものは現実化しないということです。

 

もしあなたが頑張っているのに願望実現できないなら、

それは創造の第一段階である「想像」ができていないことが原因かもしれません。

 

 

できる気がしないことはやっぱりできない

「わかるとできるは違う」という言葉がありますが、

頭では理解できていてもそれを形にする能力がないと「できる」ことにはなりません。

 

できる気がしないことはやっぱりできないのです。

 

何かをできるようになるためには、

まず最初に「できる」という確信を持つことが重要です。

 

確信することが難しかったとしても、

「できるかもしれない」と脳に思い込ませることが大切です。

 

「小さな成功体験を積む」というのはそういう意味でも重要なのです。

 

小さな成功体験を積み重ねることで、

「できるかもしれない」と思う機会が増えるからです。

 

逆にいきなり大きなことに挑戦して、

「できない」と思い込んでしまったら、

その状態から実現させるのはほぼ不可能です。

 

まずは頭の中に「できるイメージ」を作り上げることから始めなければなりません。

 

うまく行っている人を真似るとうまく行く理由

成功法則では常識となっている考え方の一つに、

「うまく行っている人を真似る」というものがあります。

 

ビジネス用語で言うならモデリングと表現できるでしょうか。

 

なぜうまく行っている人を真似るとうまくいく可能性が高くなるのか?

 

それは「できるイメージ」がつかめるからです。

 

何かの動作をするときに誰かがお手本を見せてくれたら、

その動きをできるようになりますよね?

 

それは頭の中で体の動きをイメージできているからです。

 

絵が下手くそな人でも「描き方」の手本を見ながら描くと、

そこそこ上手な絵が描けると思います。

 

それは「正しい絵の描き方」のイメージができたから描けるようになっただけです。

絵を描くスキルが上達したわけではありません。

 

願望実現も同じで、例えば年収1億円を実現したいのであれば、

年収1億円までたどり着く正しい道筋をイメージする必要があります。

 

どうやってやったらいいかわからないのに、

それを実現することができるわけがありません。

 

そういう意味でも身近に年収1億円を実現した人がいる場合は有利です。

 

その人を観察することによって、具体的な道筋がイメージしやすいからです。

 

ポイントは「いかに自分を洗脳するか」

f:id:Apollojustice:20200521152632j:plain

願望実現のポイントは、ハッタリでもいいので「いかに自分のことを洗脳するか」が重要になってきます。

 

セルフイメージなんかはまさにその典型例ですね。

 

できる人間として振舞っていたら、いつの間にか本当にできる人間になります。

ただし、どこかのタイミングで「できないかもしれない」と思ったら実現しません。

 

最後の最後まで自分の脳に思い込ませることが重要なのです。

 

セルフイメージは、「自分で自分のことをどう思っているか」ということなので、

自分次第で自由にコントロールすることができます。

 

しかし、現実を直視しすぎたり他人と比較することによって、

理想のセルフイメージが持てないようになってしまうのです。

 

コツは未来思考で考えることです。

 

「現在」という時間軸で考えるから現実に引っ張られてしまうのです。

 

 

www.theloablog.com

 

 仮に今の自分がダメダメだったとしても、

「成長した未来の自分ならできる」と思い込んでいれば、

どんなに現実が悪かったとしても、セルフイメージが崩れることはありません。

 

「未来の自分は願望を実現している」と信じることができれば、

今の自分はその成功のプロセス上にいることになります。

 

アファメーションでよく使われる現在進行形「私は成功しつつある」の状態です。

 

多くの人は、現在という時間軸で物事を判断しているからうまくいかないんです。

 

今の自分が変われば未来の自分も変わるのだから、

現在の自分がどうなのかということはどうでもいいことなのです。

 

まとめ

スキルや知識を身に付けることも大切ですが、

できるイメージを持つ想像力を磨くことも同じぐらい大切です。

 

結局人生というのは自分の思った通りになるのです。

 

「自分はこの程度の人間である」と思っていたら、

本当にその通りの人間になってしまいます。

 

願望を紙に書くのも「頭の中でイメージを持たせる」ためです。

 

想像だけでは創造することはできませんが、

「想像なき創造」は絶対にありません。

 

「すべてのものは2度作られる」を意識して、

想像力を鍛えるようにしてみてください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。