潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

まっすぐに想う

すごくスピリチュアル的な話になるのですが、

心で想ったことが宇宙に届き、

時間差があってそれが返ってくると言われています。

 

街中で車を見かけて何の疑いもなく、

 

「あの車はやがて自分のものになる」

 

と思っていたら本当にその車が手に入るといった感じです。

 

ここでのポイントは「時間差がある」ということです。

 

願ったことが即座に叶うのではなく、

時間が経ってから実現するということです。

 

3次元+時間という4次元空間のため、

時間軸によって発した願いが遅れてしまうからです。

 

どれだけの時間差があるかは状況によって異なります。

 

そのため、「全然叶わないじゃないか」と言って、

途中で諦めてしまう人も少なくありません。

 

ただ願いを発するだけでは十分ではなく、

「まっすぐに想う」必要があります。

 

「まっすぐに想う」とは、

一切疑いを持つことなく、

心の底から信じ切っている状態のことです。

 

先ほどの車の例で言うならば、

 

「あの車はやがて自分のものになる」

 

と思った後に、

 

「でもそんなわけないよな。お金ないし」

 

みたいに考えたらアウトだということです。

 

この「まっすぐに想う」という行為は、

とても簡単そうに思えてめちゃくちゃ難しいです。

 

いっさい疑うことなく、

 

「自分の思ったことは実現する」

 

と考えることは容易ではありません。

 

「叶えたい願いがある」ということは、

今その願望が手に入っていないということです。

 

簡単に手に入らないこそ願望を持つわけです。

 

つまり、願望=実現が難しいということです。

 

したがって、心のどこかで

 

「もしかしたら手に入らないかもしれない」

 

という疑いが必ず湧いてくるものです。

 

その疑いは心の声=潜在意識なので、

その心の声が現実化してしまいます。

 

要するに願望が手に入らないということです。

 

自分の願望を実現するためには、

自分と宇宙を100%信頼しなければなりません。

 

今がどんなにうまくいっていなかったとしても、

「絶対にうまくいく」と信じ続けなければならないのです。

 

うまくいっていないという現実を見てしまうと、

「ひょっとしたらダメなんじゃないか」という疑いが湧いてしまいます。

 

「今はこの後にやってくる栄光のために、

宇宙が自分に試練を与えているだけだ」

 

と考えることができれば、

宇宙を信頼することができるようになります。

 

僕はなんだかんだいって運がいい人間だと思っています。

 

人生紆余曲折いろいろありましたが、

結局自分が望んでいる道を進めている気がするからです。

 

過去を振り返り「点」で見てみると、

挫折に感じられることも多いですが、

俯瞰して線で見てみるとすべてがつながっているのがわかります。

 

どんなことが起ころうと、

結局人生は最善の方向へ向かっているわけです。

 

それをどうとらえるかは本人次第です。

 

うまくいっていない現状を嘆くこともできれば、

未来にやってくる成功のためのプロセスだと考えることもできます。

 

自分と宇宙を信頼し「まっすぐに想う」ことができたら、

必ずあなたの願望は実現します。

 

僕もまだ全然できていませんが、

「まっすぐ想う」ことができるように

日々自分を磨いていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。