潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

経済自由人になるために必要な能力はお金を○○する能力

今日はみんな大好きお金に関するお話です。

 

お金を好きなことはいいことですからね。

変な心理的ブレーキを感じていたらお金は引き寄せられません。

 

「お金持ちになりたい」という願望は、

誰しも一度は持ったことがあるのではないでしょうか?

 

どんな人でも経済的に豊かになることは可能です。

 

「自分には無理だ」と思うことは実現できません。

 

どう思うかは自由だし誰にも迷惑は掛からないのだから、

自分の好きなように思っていればいいんです。

 

なぜみんな「お金持ちになりたい」という願望を持っているのに、

大多数の人は経済的に豊かになることができないのでしょうか?

 

今日はその謎に迫ってみたいと思います。

 

 

 

「なぜ?」の欠如

多くの人がお金持ちになりたい一番の原因はコレです。

 

「なぜ?」という理由が欠如しているから、

お金持ちになれないのです。

 

www.theloablog.com

 

みんな「お金持ちになりたい」という願望を持っていますが、

「なぜお金持ちになりたいのか」という理由が弱いのです。

 

ただなんとなくお金持ちになりたいぐらいにしか考えていません。

 

そして、そのお金の使い道も自分の贅沢のためである場合がほとんどです。

 

贅沢することがダメだと言いたいのではありません。

 

「贅沢する」という動機でお金持ちを目指すなら、

「すべてを犠牲にしてでも贅沢してやる」

ぐらいの強い気持ちで臨む必要があるということです。

 

もしあなたの最愛の子供が難病に侵され、

手術をするために1億円必要になるのであれば、

おそらくあなたは1億円を手に入れることができるでしょう。

 

人生にはトレードオフの法則が働いています。

 

何かを手に入れたければ何かを犠牲にしなければなりません。

 

お金を手に入れたければ自分の時間をすべて犠牲にするといった感じです。

 

動機が弱いとお金と時間(と労力)を天秤にかけたときに、

「楽をしたい」という気持ちが勝ってしまいます。

 

「大変な思いするなら金持ちにならなくてもいいや」と心のどこかで思っているから、

行動しないしお金持ちになれないのです。

 

だから行動しなかったり行動が継続できないのです。

 

結果を生むのは行動なので、

行動しなければ結果は変わりません。

 

www.theloablog.com

 

なぜ目標を収入に設定するのか?

f:id:Apollojustice:20200613140758j:plain

お金持ちを目指す時はみんな目標を立てますよね?

 

「目標月収100万円」とか「目標年収1000万円」といった感じです。

 

あなたはこういう目標設定を聞いて違和感を感じませんか?

 

なぜみんな目標を「資産」ではなく「収入」に設定するのでしょうか?

 

どんなに収入が増えたとしても資産が増えなければ、

経済的に豊かになることはできません。

 

「目標は月収○○万円です」という人は今までたくさん見てきましたが、

「目標は資産○○万円です」という人に出会ったことがありません。

 

なぜ多くの人が目標を収入に設定してしまうかと言うと、

収入が増えればお金持ちになれると思っているからです。

 

お金を稼ぐ能力よりも貯める能力を磨く

世界には収入が月に20万円程度しかないのに億万長者になった人もいます。

その人がお金持ちになれたのは、お金を貯めることにコミットしていたからです。

 

収入が少ないとお金持ちになれないというのは幻想です。

 

例えば月収が20万円しかなくても実家暮らしをすれば、

家に月々5万円入れたとしても年間150万円程度貯金できます。

 

10年間で1500万円です。

 

そのお金を投資に回せばさらに資産は拡大します。

 

多くの人はお金の入ってくるところばかり見ていて、

お金が出ていくところを見ていません。

 

お金が貯まればすぐに無駄遣いしてしまうので、

いつまでたってもお金が増えることはありません。

 

以前にもお話ししましたが、お金持ちの人々はお金の使い方が非常に上手です。

 

www.theloablog.com

 

ザルにどんなに水を注いでも水が溜まることはありませんよね。

 

水を溜めたければまずは出口をふさぐ必要があるわけです。

 

仮にあなたが目標の収入を手に入れることができたとしても、

その収入に比例して出費が増えたら結局お金は増えません。

 

「年収○○万円」という目標を持つと○○になる

もしあなたが「年収○○万円を手に入れたい」と心の底から思うのであれば、

その願いはきっと実現するでしょう。

 

しかし、その願望で手に入るものは「年収○○万円」だけです。

 

資産が増えるとは限りません。

 

もしあなたが宵越しの金を持たず自転車操業でOKなら、

その目標設定でも問題ありません。

 

しかし、資産を築くために年収○○万円が欲しいなら、

願望は「年収○○万円」ではなく、「資産○○万円」にすべきです。

 

年収○○万円という願望はお金が入ってくるところしか見ていませんが、

資産○○万円という願望はお金が出ていくところまで見ているからです。

 

まとめ

今日の内容は人によっては衝撃的だったかもしれません。

 

ずっと「年収○○万円」を目標に頑張ってきたのに、

その信念が覆されたからです。

 

収入を目標に設定することが間違っているわけではありませんが、

 

「何のために収入を増やすのか?」

 

ということは明確にしておくのがよいです。

 

あなたは収入がほしいのではなく資産を増やしたいのですよね?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。