潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

TakerよりGiverのほうが得な理由

人間は3種類のタイプに分かれており、

ギバーとテイカーとマッチャー(Matcher)に分類されます。

 

この中で一番豊かになるのはギバーであり、

一番貧しくなる可能性があるのもギバーと言われています。

 

大多数の人はテイカーに該当します。

 

普通に考えてテイカーが一番得な気がしますよね。

もらう(実際は奪う)だけで与えなくていいわけですから。

 

逆にギバーは一番損していると思うはずです。

与える一方でもらうことができませんからね。

 

だからこそ、ギバーになろうとする人は少ないのだと思います。

 

f:id:Apollojustice:20201125230319j:plain


 

実はギバーが一番得している

「テイカーが一番得していてギバーが一番損している」

 

このように解釈してしまうと、

自分自身もテイカーになる可能性が高くなります。

 

誰だって損したくないですからね。

 

このように感じてしまうのは、

物質的価値だけで物事を判断しているからです。

 

モノを基準に考えれば、

あげる側よりももらう側が得に感じるものです。

 

しかし、「幸福度」という点においては、

テイカーよりもギバーのほうが高いのです。

 

「与える」という行為は人間にとって最上の喜びだからです。

www.theloablog.com

 

人生のステージが高い人ほど、

「与える」という行為をしています。

 

しかもいっさい見返りを求めません。

(見返りを求める人はMatcher)

 

「与える」という行為を通して誰かが喜ぶのを見るのが嬉しい。

 

その幸福感は「もらう」時の喜びよりも何倍も大きいといいます。

 

もらう側の立場にいる人間は、

絶対に味わうことのない喜びです。

 

宇宙はバランスをとっている

宇宙はバランスをとっており、

自分の与えたものが返ってくるという法則があります。

 

(無償で)もらってばかりだと、

それだけ奪われる機会が増えるということです。

 

大きな価値を受け取りたいのであれば、

まずは自分から価値を与えることです。

 

経済的に豊かになっている人々は、

世の中に価値を提供したから、

その対価として大金を受け取っているわけです。

 

自分の与える価値が小さければ、

受け取る価値が小さいのも当たり前です。

 

価値を与えると言っても、

画期的なアイデアは必要ありません。

 

自分の強みや得意を活かして、

困っている人を助けるだけでいいんです。

 

その仕事を愛しながらやっていたら、

お金が自然と引き寄せられるようになります。

 

こちらの本に詳しく書かれているので、

ぜひ読んでみてください。

 

 

 

 

 まとめ

 結局のところ、ギバーのほうが損しているようで得しています。

 

自分でビジネスをやっている場合でも、

「欲しい欲しい」という姿勢では信頼を失います。

 

宇宙の法則や世の中の仕組みを理解できれば、

「Giverになろう」という人が増えると思います。

 

ただ「賢さ」も同時に身につけないと、

搾取されるGiverになってしまうので気を付けなければなりません。

 

経済的に苦しいときほどGiverになることは難しいです。

 

しかし、そこであえてGiverになるからこそ、

人生の流れが変わりお金が引き寄せられるようになるわけです。

 

自分と宇宙を信じて「与える人」になりましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

Follow Me