潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

目的の先にある真の目的

手段が目的化すると辛くなります。

 

僕たちはお金が欲しいのではなく、

お金の先にある結果が欲しいのです。

 

さらに言うならその先にある感情がほしいわけです。

 

ブログを書くのだってその先に何かしらの目的があるから書くわけであって、

ブログを書くことが本当の目的ではありません。

 

「結婚したい」という願望は結婚がゴールみたいになっていますが、

その先には本当に欲しい何かしらの結果があるはずです。

 

結婚がゴールになってしまうとその後がつらくなります。

 

何のために結婚生活をしているかがわからなくなるからです。

 

家族というのは同じ船に乗った仲間であり、

全員で「幸せ」という目的地へ向かって航海をしています。

 

でも、いつしかその目的は忘れ去られてしまい、

お互いのエゴが衝突し足を引っ張り合う関係に発展してしまいます。

 

 

手段が目的化すると起こること

手段が目的化するとその手段以外のものが見えなくなります。

 

言いかけると、「その手段でしか目的は達成することができない」と思い込んでしまうということです。

 

「お金を手に入れるためには働かないといけない」

 

という考え方は「仕事という手段でしかお金が手に入らない」

と思い込んでいるのと同じことです。

 

だから、仕事を失ったり仕事が見つからないと困惑するわけです。

 

※ここでいう仕事とは会社に勤めるという意味です。

 

でもお金を稼ぐ方法なんて他にいくらでもあります。

でもその思い込みによって他の手段が見えなくなってしまうのです。

 

目的を達成するための手段が10個あるとした場合、

手段が目的化することによって他の9個が見えなくなります。

 

そうすると、その絞り込まれた1個がうまく行かなくなると、

途端に苦しくなってしまうわけです。

 

「他にいくらでも手段はある」

 

ぐらいに軽く考えることができれば、

1つの方法がうまく行かなくても落ち込むことはありません。

 

真の目的を代替してみる

f:id:Apollojustice:20200501145439j:plain

まずステップ1として、自分の本当に欲しい結果を明らかにします。

そしてステップ2で欲しい結果を他のもので代替できないかを考えます。

 

www.theloablog.com

 

多くの場合、ブランド品を所持する目的は「自尊心を満たす」ことです。

 

機能的価値なら他のものでも代替できるからです。

 

ブランド品の靴を欲しい人は、

靴が欲しいのではなくブランド品の靴が欲しいのです。

 

機能的価値を手に入れるためであれば、

もっと低価格で他のもので代用できます。

 

にもかかわらずブランド品を求めるのは、

ブランド品を持つことによって得られる感情がほしいからです。

 

さきほど「自尊心を満たすため」と言いましたが、

もっと掘り下げると「自分を喜ばせるため」です。

 

自分を喜ばせるだけならもっと身近にあるものでも代替できますよね?

 

その感情は必ずしもブランド品でなくても手に入るわけです。

 

もしブランド品をもつ理由が「みんな持ってるから」という理由であれば、

真の目的は「他人とつながりたい」という感情です。

 

この感情もブランド品以外のもので代替できます。

 

このことに気が付かないと、

ブランド品が手に入らなかったときに苦しくなります。

 

真の目的を意識して無駄なエネルギーを使わない

コロナウィルスをめぐる対応は人それぞれ違います。

 

  • 黙って自粛する人
  • 政府を非難する人
  • 注意喚起をする人(僕)
  • 自粛しない人を攻撃する人
  • 「みんなで乗り越えよう」と元気づける人

 

これらは行動レベルで考えるとまったく別なものに思えますが、

真の目的は「早くコロナウィルス問題を終わらせたい」という思いです。

 

おそらく世の中の99%の人は同じ思いでしょう。

 

それを行動レベルで判断するから、

自分の考えにそぐわない人のことを批判してしまうのです。

 

表現の仕方が異なるだけでみんな思いは一緒です。

 

今やるべきことは、1日も早くコロナウィルス問題を終わらせることであり、

お互いにいがみ合うことではありません。

 

他人はコントロールすることができないのだから、

そんなことにエネルギーを使うのは無駄です。

 

批判されたから言うことを聞くような人は、

そもそも最初からそんなことはしません。

 

だからいがみ合ったところで意味がないわけです。

 

他人を攻撃することにエネルギーを使うのではなく、

今自分にできることだけにエネルギーを使えばいいのです。

 

僕は経済をストップさせてでも自粛すべきだと思っていますが、

生活ができないから働かざるを得ないという人の気持ちもわかります。

 

その是非を議論したところで何の意味もありません。

 

まとめ

多くの人が「お金持ちになりたい」と願うのは、

欲しい結果がお金でしか手に入らないと思っているからです。

 

でも実は、お金をかけずにその結果(感情)を手に入れることだってできるのです。

 

目的の先にある真の目的=本質です。

 

 

www.theloablog.com

 

本質の手前にある抽象度の低い目的で考えるのではなく、

常に根本にある本質を意識することが大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。