潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

時間の無駄をなくす方法

自分の内面を磨くという習慣を身に着けるようになってから、

感情が乱れることがほとんどなくなりました。

 

イライラすることもあまりありません。

 

いつも穏やかな気持ちで過ごせるようになったのですが、

今でもたまにイライラして感情が乱れるときがあります。

 

それは時間を無駄にしたとき。

 

お金が減っても感情が乱れることは少ないですが、

時間が減ると異常に感情が乱れることがあります。

 

仕事するための時間が圧倒的に足りないからでしょう。

 

妻の買い出しに付き合わされた時など、

無性にイライラしてしまうことがあります。

 

なぜ女性はあんなに買い物に時間がかかるのでしょうか...(汗)。

 

男は用事を済ませるために買い物をし、

女はショッピングを楽しむために買い物をする。

(byアポロ)

 

多分そんなところかなと思ってます。

 

サクサク買い物を済ませたい自分からすると、

ダラダラ買い物してるようにしか思えませんが。

 

男性は目的の商品だけ買ってさっさと買い物済ませますが、

女性は店内を隅から隅まで移動したりします。

 

買い出しに1時間以上かかるのがザラなので、

露骨にイライラした態度をしてしまうときがあります。

 

 

時間の無駄はない

f:id:Apollojustice:20210108202203j:plain

話が逸れてしまいましたが、

果たして時間の無駄は存在するのでしょうか?

 

実は時間の無駄というものは存在しません。

 

時間の無駄が存在するとしたら、

それは自分が「無駄な時間だった」と解釈したから時間の無駄になっただけです。

 

自分の解釈次第で人生から無駄な時間をなくすことは可能です。

 

何かをやっていてうまくいかなかったとき、

「無駄な時間を過ごしてしまった」と

感じることがあると思います。

 

例えば、料理人になるために長年修行してきた人が、

最終的にサラリーマンとして就職することになった場合など。

 

この場合、料理人時代の修行経験は

サラリーマン生活にまったく役立ちません。

 

この場合、

 

「料理の修行してた期間は無駄だった」

 

と感じることがあるかもしれません。

 

確かにその期間は直接今の生活に役立ちません。

だからこそ「時間の無駄」と感じてしまうわけです。

 

しかし、自分の過去のどこか1点でも変わったら、

今の自分は存在しなかった可能性があります。

 

そう考えると決して時間の無駄とは言えないはずです。

 

僕もたまにそう感じるときあります。

 

自分の過去のどこか一か所でもズレていたら、

今の自分は存在しなかっただろうと。

 

過去をやり直しても結果は同じ

もし仮にタイムマシンで過去に戻ってやり直せたとしても、

結局結果は同じになるでしょう。

 

過去に戻った時点で戻る前(未来)の自分の記憶はリセットされるとします。

 

その場合、時間を巻き戻してやり直したとしても、

同じ選択と行動をするはずです。

 

それがその時点の自分の最善の選択だからです。

 

最善じゃない選択をしない人はいません。

 

もっといい選択が他にあったとしても、

それが「その時点の自分」にとっての最善の選択なのです。

 

つまり、今目の前にある現実は必然だということです。

 

時間の無駄はチャラにできる

仮に時間の無駄と感じるような出来事があったとしても、

その無駄な時間をチャラにすることはできます。

 

未来の自分が幸せになることができれば、

過去はすべて正当化することができるからです。

 

www.theloablog.com

 

俗にいう「終わり良ければ総て良し」というやつです。

 

過去のつらい経験も不毛な時間も、

「あの経験があったからこそ」と思うことができれば、

決して時間の無駄とは思えないはずです。

 

もし時間の無駄を無くしたいのであれば、

全力で理想の未来を実現することです。

 

まとめ

時間の無駄は自分の解釈一つで無くすことができます。

 

ただし、今の自分の現実に満足することができなければ、

過去を正当化することはできません。

 

過去の時間を無駄にしないためにも、

今の現実を精一杯楽しみ幸福感を感じましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

Follow Me