潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

他人の人生の中に組み込まれてはいけない

時間は人間が持っているリソースの中でも

最も重要なリソースです。

 

お金がゼロになってもまた増やすことができるし、

人間関係がダメになっても一から信頼構築することもできます。

 

しかし、時間だけは取り戻すことができません。

 

人生の持ち時間というのは決まっていて、

どんな人でも必ずこの世を去る日は訪れます。

 

自分の人生にとって一番重要な人物は自分なのだから、

自分のために時間を使うのは当たり前です。

 

にもかかわらず、他人のために時間を使っている人がほとんどです。

 

他人のために時間を使っている限り、

人生が良くなることはありません。

 

 

時間を無駄にする人の共通点

現代社会は膨大な量の情報が流れています。

 

その多くの情報は自分にとって必要のない情報だし、

ものによっては有害である場合もあります。

 

意識的に情報をキャッチしていない人は、

こういう無駄な情報によって人生を翻弄されてしまいます。

 

www.theloablog.com

 

特にテレビなどは、流れてくる情報を自分でコントロールできないので注意が必要です。

 

そういうものを意識の中に取り込むだけでも悪影響を及ぼす場合があるからです。

 

時間を無駄にする人は無意識的かつ無作為に情報をキャッチし、

 

自分の人生にまったく関係のない有名人のスキャンダルなどによって、

自分の時間を嫌な気分で過ごすことに使っています。

 

www.theloablog.com

 

人によってはわざわざその人物の悪口をネットに書き込むために時間を使っています。

 

これはその人物のために自分の人生の貴重な時間を捧げているのと同じことです。

 

まず何よりも自分の時間を最優先する

多くの人は自分よりも他人のスケジュールを優先しています。

 

今日の7-8時は読書のために時間を使おうと予定していたのに、

いざその時間になると会社から電話がかかってきてその時間を奪われてしまいます。

 

「会社の用事を優先するのは当たり前」と思うかもしれませんが、

それはあなたがそういう観念を持っているからそう思うだけです。

 

自分の人生だから自分の時間を優先するのは当たり前だし、

勤務時間外まで会社に拘束される義務はないはずです。

 

自分よりも他者を優先するということは、

「自分よりも他人のほうが大切である」と言っているようなものです。

 

自分のことを大切にできない人が、

良い人生を送ることなどできませんよね?

 

道徳的な問題とか人としての良識の話ではないんです。

 

もしあなたが自分を大切にすることよりも、

人間として美しくあることに重きを置いているなら、

自分よりも他人を優先すればいいと思います。

 

約束を守らないと信頼を失う

信頼される人物とは約束を守る人です。

逆に信頼されない人というのは約束を守らない人です。

 

あなたがAさんと遊びにいく約束をしていたとして、

当日になってAさんが「別の友達から誘われたから」という理由で、

約束をドタキャンしてきたらあなたはどう思いますか?

 

「ふざけんな」と思いますよね?

 

もうAさんのことは信頼できなくなるはずです。

 

人間関係でこんなことをする人はいないと思いますが、

自分に対してはそれをやってしまっている人が非常に多いんです。

 

7-8時には読書をしようと自分に約束をしていたのに、

突然会社から用事が入ったからと言って、

自分との約束を反故にしてしまう。

 

約束をドタキャンされた方(もう一人の自分)は当然怒りますよね。

 

あなたへの信頼も失うはずです。

当然あなたのことを味方したいと思わないでしょう。

 

自信とは自分への信頼のことですが、

そんなことばかりしているから自信を失うのです。

 

自分との約束を守らないとどんどん自信を失います。

 

やると決めたことをやらない=約束を破るということです。

自分が決めたこともできないから自信がなくなるのです。

 

他人の人生に組み込まれてはいけない

f:id:Apollojustice:20200616165824j:plain

例えばあなたが7-8時に「読書をする」という予定を立てていたとします。

 

あなたがその時間に読書をしていると、

友達から急に「ご飯に行こう」と誘いを受けました。

 

あなたはしぶしぶ友達とご飯に行くことにしました。

 

これって他人の人生に組み込まれていることになるのですが、

わかりますかね?

 

その友達は7-8時の時間に空きがありました。

パズルのピースでその部分が埋まっていなかったとイメージしてみてください。

 

そのピースを埋めるためにあなたに声をかけ、

あなたはそのピースに組み込まれることを承諾しました。

 

逆にあなたは埋まっていたピースをわざわざ外して、

パズルの空きスペースを作ってしまったことになります。

 

これすなわち他人の人生に組み込まれているということです。

 

他人の空きスケジュールに応じて、

自分の時間を奪われてしまっているということです。

 

他人の人生の一部に組み込まれると、

自分の時間を自分でコントロールできなくなります。

 

ただでさえ時間は限られているのに、

その時間すら他人にコントロールされてしまっては、

人生を好転させることなど到底できません。

 

まとめ

今日の記事の内容は僕が配信している音声ファイルの一部を抜粋したものです。

 

今日は特別にそちらの音声を公開します(2回目ですね)。

 

音声のほうがより詳しく話しているので、

ぜひ聞いてみてくださいね(ちょっと長いけど)。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。