潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

「目標月収100万円」に感じる違和感

お金に対するモチベーションが強い人は、

目標を「月収○○万円」といった感じで設定することが多いです。

 

あなたも一度は会ったことがあるのではないでしょうか?

 

「目標は月収100万円!」みたいなこと言ってる人と。

 

www.theloablog.com

 

もしこの目標設定に違和感を感じたのであれば、

あなたはお金に対する見方がお金持ちと同じ可能性が高いです。

 

前回の記事では「100万円」という金額設定に違和感を感じると言いましたが、

今回クローズアップするポイントはそこではありません。

 

お金持ちや経済自由人と呼ばれる人の多くは、

「月収○○万円」という目標設定をしない場合が多いです。

 

 

お金持ちと普通の人のお金に対する考え方の違い

普通の人は「月収100万円」という目標を立てる事が多いです。

それに対してお金持ちは「資産○○万円」という目標を立てます。

 

どんなに収入が増えたとしても、

そのお金が手元に残らなければ豊かになることはできないからです。

 

仮に月収100万円を達成したとしても、

月の支出が99万円だったら手元に1円しか残りません。

 

それなら月収20万円で毎月2万円ずつ貯金するほうが、

資産が増えていくのでいいわけです。

 

お金持ちというのは収入が多い人ではありません。

 

資産が多い人です。

 

多くの人は収入が増えればお金持ちになれると思っていますが、

手元に残る金額が小さい限り資産が増えないので、

経済的豊かさを手に入れることができません。

 

お金は稼ぎ方よりも使い方のほうが重要

f:id:Apollojustice:20200821143910j:plain

ほとんどの人はお金が入ってくるところしか見ていません。

だからこそ、なかなかお金が貯まらないのです。

 

お金は稼ぎ方よりも使い方のほうが難しいと言われています。

 

 

www.theloablog.com

 

 

使い方にその人の器や人柄が現れるとも言われています。

 

どんなに収入が増えたとしても、

贅沢や無駄遣いばかりしていたら、

お金が手元に残らなくなってしまいます。

 

「お金持ちはケチ」とよく言われますが、

実際はケチなのではなく、無駄なものに一切お金を使わないだけです。

 

www.theloablog.com

 

お金の使い方がうまい人は投資にお金を使います。

将来的にリターンをもたらしてくれる資産が投資です。

 

不動産といった資産だけでなく、

自分の知識やスキルも将来的にリターンをもたらす資産です。

 

それに対して、

お金に縁のない人たちは浪費にお金を使います。

 

自分の本当に欲しいものが明確になっていないので、

いらないものにお金を使ってしまいます。

 

自分の求めているものが明確になっていれば、

何が必要で何が不必要かがわかるので無駄遣いが減ります。

 

www.theloablog.com

 

一般的な収入でも億万長者になれる

世界では年収400万程度の人が億万長者になった人もいます。

 

毎年200万円以上貯金をしそれを運用していたので、

30年で資産が1億円を越えました。

 

日本のサラリーマンの生涯獲得収入は、

約1億7千万円程度だそうです(大卒)。

 

大卒以下の人でも1億円は軽く超えています。

 

1億7千万ってすごい金額ですよね。

実はみんな結構稼いでいるんです。

 

1億7千万円という大金を稼いでいるにもかかわらず、

なぜか定年を迎えるころにはほとんど手元に残っていません。

 

もし収入ではなく資産を基準に考えていたら、

お金がほとんど手元に残らないということはないはずです。

 

収入の10%を不滅口座に貯金する

「お金を貯めるのが苦手」という人は、

不滅口座を作るのがおすすめです。

 

毎月の収入の10%を不滅口座に自動振り込みにします。

 

不滅口座のお金は絶対に引き出してはいけません。

 

不滅口座のお金はいっさい手を付けないので、

毎月資産は増えていきます。

 

「何かあったときのために」といって貯金をするから、

せっかく貯めたお金を引き出してしまい、

結局お金が貯まらなくなってしまうのです。

 

「引き出さないお金に意味があるのか?」

 

と思うかもしれませんが、

 

「自分には充分にお金がある」という

安心感が得られるだけでもかなり違います。

 

この不滅口座を作っておけば、

どんなにお金の使い方が苦手な人でも、

確実にお金が貯まるのでおすすめです。

 

「収入が10%減ったら困る」

 

と思うかもしれませんが、

減ったら減ったで意外になんとかやりくりできるものです。

 

後はできる限り毎月の固定費を小さくすることが、

手元にお金を残すコツです。

 

まとめ

月収100万円が目的化している人は多いですが、

本当の目的は豊かになる(=資産を増やす)ことであるはずです。

 

収入ばかりに意識が向いていると、

お金の使い方のスキルが磨かれません。

 

収入が増えたら増えたで贅沢三昧で散財してしまい、

結局手元にお金がほとんど残らなくなってしまいます。

 

ザルで水を汲んでいるような状態です。

 

月収100万円というのは豊かになるための手段であって、

最終的な目的ではありません。

 

「いくら稼ぐか」よりも「いくら残すか」を意識することが大切です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。