潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

「慣れ」を利用して「不安」を消す

どんな人間でも必ず不安は持っているものです。

「お金の不安」は億万長者にだってあるのです。

 

問題なのはその不安との付き合い方です。

 

不安に支配されて身動きが取れなくなるのは、

不安との付き合い方が間違っているからです。

 

不安は消そうと思って消えるものではなく、

気が付いたら消えているものです。

 

今日は多くの人々が抱える「不安」

との付き合い方についてお話ししてきたいと思います。

 

 

不安を作り出しているのは自分

f:id:Apollojustice:20200627161230j:plain

不安には実体がなく、不安を作り出しているのは自分の妄想です。

 

つまり、自分の考え方が変われば不安もなくなるということです。

 

起こりもしない未来の出来事を想像し、

ネガティブに考えることによって不安が生まれます。

 

人間には防衛本能があるので、

どうしてもネガティブな思考は出てきてしまうものです。

 

だから、不安が出てくるのは仕方がないことなのです。

 

考える時間が多ければ多いほど、

ネガティブ思考も感じやすくなります。

 

暇が多ければ多いほど不安が生まれやすくなります。

 

www.theloablog.com

 

不安に意識を向ければ向けるほど、

その恐怖はどんどん拡大していきます。

 

不安を消そうとしても不安は消えません。

 

なぜなら、不安を消そうと考えるということは、

不安に意識を向けているということだからです。

 

だから、不安を消そうとするのではなく、

他のことに意識を向けたほうがいいのです。

 

不安は自分の妄想が作り出しています。

 

将来の不安を感じるのもオバケを怖がるのも同じような物です。

 

普段当たり前に歩いている夜道も、

「ここオバケ出るんですよ」と言われたら、

途端に怖くなるのではないでしょうか?

 

それがデマ情報でオバケの実体など存在しなかったとしても、

自分の妄想によって恐怖が作り出されているのです。

 

怖いのは最初の一歩だけ

新しいことに挑戦するというのは、

未知の世界へ飛び出すようなものです。

 

扉の先に何が待っているかわからないと怖いですよね。

 

「見えない」ことが妄想を掻き立て恐怖を生み出すのです。

 

www.theloablog.com

 

実際に挑戦してみると意外に大したことなかった。

 

なんてことも結構あります。

 

何が言いたいのかというと、

 

「不安を感じるのであれば実際に一度経験してみるのがいい」

 

ということです。

 

今は成功して大富豪になっているとある人物は、

「不安」に支配されそうになったことがあるそうです。

 

その不安の正体を探っていくと、

お金を失ってホームレスになること

を恐れていたのだとわかりました。

 

その人は実際に数日間ホームレスを体験してみたところ、

意外にやっていけることがわかって、

それ以来その不安はなくなったそうです。

 

お金の不安を感じている人たちは、

「会社をクビになったらどうしよう」

といった恐怖を感じています。

 

まるで職を失うことが人生の終わりであるかのように怯えています。

 

しかし、実際に職を失ってみると

意外になんとかやっていけることに気づきます。

 

「不安」と「慣れ」

慣れていることに不安や恐怖を感じる人はほとんどいないはずです。

つまり、不安を消したければ慣れればいいということです。

 

例えばあなたがテレビに出演することになったとします。

 

おそらく最初は不安や恐怖を感じると思います。

 

でも、毎日テレビ出演を繰り返していたら、

その不安や恐怖は小さくなっていくはずです。

 

テレビ出演という経験が当たり前の日常となり、

その環境に慣れるからです。

 

人間にはホメオスタシスという働きがあり、

変化を嫌い現状維持をしようとします。

 

 

www.theloablog.com

 

 

以前の自分にとってテレビ出演は変化だったわけですが、

その経験が繰り返されるうちに、

今度はテレビ出演という経験が新たな現状に変わるのです。

 

その環境が新しいコンフォートゾーンとなるということです。

 

まとめ

不安から自由になりたいのであれば、

その世界に一歩踏み出し実際に経験してみるのがいいです。

 

とはいってもその一歩が大きいと行動できないでしょうから、

まずは小さな一歩から始めてみるのがいいと思います。

 

それで痛い思いをすることもあるかもしれません。

 

しかし、それによって不安を感じなくなったのであれば、

人生にとってはプラスと言えるのではないでしょうか?

 

一歩踏み出して痛い思いをする代わりに不安から自由になるのと、

痛みを恐れて永遠に不安に支配され続けるのと、

あなたならどちらを選びますか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。