潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

見えないだけで存在している「気づき」

ブログを書いている人たちは日々のネタ探しに苦労しているのではないでしょうか?

 

僕は3つのブログを持っていますが、

合計記事数は約1500記事あります。

 

他の2つのブログは今年に入って毎日更新を辞めましたが、

去年までは毎日更新をしていました。

 

今のところはYoutubeとPodcastも毎日配信しています。

 

このように聞くと「よくもまーそんなにネタが見つかるよな」と思うかもしれません。

 

もちろん、アウトプットするためにはその何倍ものインプットが必要になるので、

定期的に情報をインプットすることは重要です。

 

しかし、それだけではとてもこれほどの量の情報発信には追い付けません。

 

今日はブログのネタ探しに困らなくなる方法についてお話します。

 

ブログネタなのにEvergreen Blogではなくこのブログを選んだのは、

その方法が人生のヒントを得ることにも役立つからです。

 

 

ブログのネタが永遠に尽きない方法

日常的にインプットの習慣を持っていることが前提としてお聞きください。

 

信じられないかもしれませんが、

僕がネタ切れしないのはネタが降りてくるからです。

 

自分の中にあるものだけで情報発信をしようとすると、

すぐにネタ切れしてしまいます。

 

ネタが降りてくるのであれば無限に情報発信をすることができます。

 

ただし、ぼーっとしているだけではネタは降りてきません。

 

無限にネタが降りてくるためには、

常にあることをしておく必要があります。

 

それは「アンテナを立てておく」ことです。

 

具体的に言うと「今日は何を書こうかな」と四六時中考えるということです。

 

 

www.theloablog.com

 

見えないものを見えるようにする方法

f:id:Apollojustice:20200930190144j:plain

アンテナを立てておくと見えないものが見えるようになります。

 

普段なら気に留めるようなことがない些細な出来事の中に、

気づきを得ることができるようになるのです。

 

電波は目に見えませんが僕たちの生活空間の中に存在していますよね。

目に見えないだけで存在がないというわけではありません。

 

電波を受信したいのであればアンテナを立てる必要があります。

 

何も考えずに過ごしていたのではアンテナは立ちません。

 

常に意識し続けるぐらいの気持ちでいないと、

アンテナは立たないのです。

 

脳は検索エンジンと同じ働きを持っています。

 

www.theloablog.com

 

脳に質問を投げかけることによって、

脳はその答えを探し始めます。

 

質問を投げかけなければ答えを見つけようとはしません。

 

「質問の質が人生の質を決める」と言われるのは、

そのような脳の働きがあるからです。

 

日常に隠されたたくさんの「気づき」

常にアンテナを立てているとたくさんの気づきを得ることができます。

 

自分の感情が激しく動いたときなどは、

気づきを得るチャンスです。

 

そこから得る学びは決して小さくありません。

 

僕がこのブログのネタにしているのも、

日常生活で見つけた「気づき」によるものが多いです。

 

ブログだけに限らず情報発信をしている人は、

日々の何気ない日常から学びが得られるので、

アンテナをいつも立てておく習慣はおすすめです。

 

というか、アンテナを立てておかないと、

何も得られないまま時間だけが過ぎてしまいます。

 

強く意識しないということは、

その問題解決に対する思いはその程度だということです。

 

気持ちが弱いので当然思うような結果を手にすることはできません。

 

まとめ

アンテナを立てることによってRASが機能し始めます。

 

www.theloablog.com

 

意識しなければRASが機能することは絶対にありません。

 

RASが働かないと気付きやヒントを得ることは難しいです。

 

気づきやヒントの人生に与える影響は大きく、

それだけで人生が劇的に変わることだってあります。

 

もしあなたがブログを書いていなかったとしても、

日々の生活で「この体験から得られる学びは何か?」を意識してみてください。

 

それだけで今まで気づかなかったような学びが必ず得られます。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

※ブログのネタ探しに困っている人は、

こちらの音声も聞いてみてください。