潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

大人になると忘れてしまう人生に役立つ教訓とは?

僕たちは子供の頃から様々なことを教えられて大人になるわけですが、

その中には人生に役立つ重要な教訓も含まれています。

 

大人の言っていることが100%正しいわけではなく、

実際は間違った観念を押し付けられている場合もありますが、

今回お話しする教訓は極めて重要な教えです。

 

でもほとんどの人が大人になるとこのことを忘れてしまって、

実践できていないどころかむしろ逆のことをやってしまうんですよね。

 

念のため補足ですが、「間違った観念を押し付けられる」というのは、

例えば「お金=悪である」みたいな観念のことです。

 

 

大人になると忘れてしまう人生の教訓

 

あなたは子供の頃こういう教えを受けたことはありませんか?

 

「人にやられて嫌なことはやらない」

「人にやられて嬉しいことをやってあげる」

 

実はこの教訓は人生においてメチャメチャ大事なのですが、

ほとんどの人は大人になると忘れてしまっています。

 

自分の利益のことばかりを考えるようになり、

他人のことを思いやる気持ちを忘れてしまいます。

 

それだけならまだいいですが、

「人にやられて嫌なことをやっている」人もたくさんいます。

 

パワハラ、セクハラ、いじめ、誹謗中傷など上げたらきりがありません。

 

人生は与えたものが返ってくる

f:id:Apollojustice:20200607154340j:plain

なぜこの教訓が大切なのかというと、

「人生は与えたものが返ってくる」という絶対法則が働いているからです。

 

www.theloablog.com

 

ちなみにこの「与えたものが返ってくる」と言う法則は、

与えた相手から直接返ってくるわけではありません。

 

巡り巡ってまったく別の方向から返ってきます。

 

人が嫌がることをしている人で幸せな人って見たことないですよね?

 

それって結局彼らの行いが自分自身に戻ってきているという証拠なんだと思います。

 

こういう話をすると「信じられない」という人も出てくると思いますが、

信じるか信じないかはあなたにお任せします。

 

僕は「この法則は間違いなく働いている」と信じています。

 

僕は買い物をするたびに毎回そこそこの金額を募金していたのですが、

ある時を境にお金の流れがとてもよくなりました。

 

募金をしていた当時はとても痛みを感じていましたが、

それでも続けていたからしばらくしてお金が友達を連れて戻ってきたんだと思います。

 

人生を豊かにするためには他人を応援すること

与えたものが返ってくるのであれば、

自分がしてもらって嬉しいことを他人にしてあげればいいわけです。

 

一番カンタンでお金もかからない方法は「感謝」と「応援」です。

 

何かをしてもらったから感謝するというのは当たり前です。

そうではなくて、まずは感謝するところから始めるのが大切です。

 

他の人の人生を応援することも非常に効果があります。

 

人生がうまくいっていない人ほど、

他人の人生をうらやみ足を引っ張ろうとしますよね?

 

でもそれは人生の絶対法則に逆行しているわけです。

 

だからこそ、そういう人たちは誰一人として幸福になれないのです。

 

感謝と応援をするときは見返りを期待しない

感謝や応援をするときは見返りを期待してはいけません。

 

www.theloablog.com

 

それは条件付きの感謝や応援であり、

それでは望む結果が返ってくることはありません。

 

そもそも感謝や応援って見返りを期待してやることじゃないと思うんです。

 

見返りを期待するというのは執着しているということです。

執着は引き寄せの最大の敵です。

 

感謝や応援をカンタンにできるエクササイズ

感謝や応援が習慣になっていない人は、

「感謝・応援しましょう」と言ってもなかなかできないと思います。

 

そういう人のためにカンタンにできるエクササイズをご紹介します。

 

お金を使うときに感謝・応援をしてみてください。

 

たった100円(?)でおいしい水が飲めるのは、

その水を汲んでくれた人、運んでくれた人がいるからですよね?

 

お金を払うときにちょっとだけその人たちに思いを馳せてください。

そして無理のない範囲で感謝をしてみるのです。

 

お金を支払うという行為は応援の表れでもあります。

 

A社とB社があって、あなたがA社に対してお金を払うということは、

あなたがA社のことを応援しているのと同じことです。

 

お金を支払うときに少しだけ応援の気持ちを乗せてみてください。

 

この行為を繰り返していると、お金を支払うときに条件反射的に感謝や応援ができるようになります。

 

まとめ

みんな何かを必死になって獲得しようと躍起になりますが、

実は順番が逆なんですよね。

 

まずは与える事から始めないといけません。

 

感謝や応援というと道徳やきれいごとのように聞こえるかもしれませんが、

あなたがそう思うのは「感謝や応援はきれいごとだ」という観念をもっているからです。

 

「与えたものが返ってくる」という法則を信じるか信じないかはお任せしますが、

少なくとも感謝や応援の気持ちを持って生きている方が人生が軽やかになると思うんですよね。

 

嫉妬や妬みでドロドロした気持ちで生きているよりも、

よっぽど幸福度は高いと思います。

 

それだけで十分得していると考えることができるのではないでしょうか?

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。