潜在意識と引き寄せの法則でどん底から人生逆転

カナダで失業、生活保護、人生どん底からの逆転。

信頼される人になるための「究極の他者理解」とは?

良い信頼関係を築くと、人間関係のありとあらゆる問題は解決します。

 

仕事もパートナーシップも友人との付き合いも、

すべては信頼関係で成り立っているからです。

 

信頼される人は強いです。

 

困っているときに人々が助けてくれます。

 

もしあなたがセールスマンなら、

顧客を説得するスキルを磨くのではなく、

顧客に信頼されるスキルを身に付けた方がいいです。

 

どんなに自分の売っている商品が良くても、

自分が顧客に信頼してもらえなければ、

その商品を買ってもらうことはできません。

 

お金を払うという行為は、

最低限相手のことを信用していないとできません。

 

 

 

信頼されるために必要なこと

 

信頼される人になるには様々な方法があります。

そして最低限やらないといけないこともあります。

 

最低限やらないといけないこととは、

例えば「約束を守る」といったようなことです。

 

約束を守れない人は、なかなか人から信頼してもらうことはできません。

 

信頼される人になるためには、

「他者理解」がもっとも強力です。

 

www.theloablog.com

 

人が人を信頼するのは、

相手が自分のことを理解してくれた時です。

 

特に孤独感を感じている人ほど、

自分のことを理解してくれる人を信頼するようになります。

 

「誰も自分のことをわかってくれない」

 

そんな状況の中、ある人だけが自分のことをいっさい否定せず、

すべてを受け入れてくれたとしたら、

きっとその人のことを信頼するに違いありません。

 

前回の記事では、この他者理解に関して簡単に触れただけなので、

今日はもう少し深めた話をしていきたいと思います。

 

究極の他者理解とは?

f:id:Apollojustice:20191103162157j:plain

他者理解と聞いて真っ先に思い浮かぶのが、

「相手の話を聞く」ということです。

 

もちろんそれも他者理解の一つだし、

相手の話を聞くだけでも十分効果はあります。

 

しかし、もっと強力な「究極の他者理解」というものがあります。

 

それは「相手の大切にしている価値観を相手以上に大切にする」ということです。

 

人それぞれ大切にしているものは違います。

そして、ついつい他人の価値観を否定してしまうことがよくあります。

 

「○○という漫画が面白い」と言っている人に対して、

「あんな漫画の何が面白いのか全然理解できない」と言ってしまったことは、

誰しも1度はあるのではないでしょうか?

 

他人から見ると「がらくた」にしか見えないようなものを、

熱心にコレクションしている人がいます。

 

僕たちは往々にしてそういう人を否定してしまいがちです。

 

「あんながらくた集めて何になるの?」

 

なんてついうっかり言ってしまったら、

相手は自分を全否定された気持ちになります。

 

特に小さな子供などを相手にする場合は、気を付けなければなりません。

小さな子供はがらくたを集めるのが大好きですからね。

 

「相手の大切にしている価値観を相手以上に大切にする」

 

というのは「おべっかを使いなさい」ということではありません。

 

「○○という漫画が面白い」

 

と言っている人がいて、自分からすると1ミリも面白くない漫画だったとしても、

その漫画の良さを理解しようとする姿勢を見せることが大切だということです。

 

結果として理解できないかもしれません。

 

でも、ハナから「理解できない」と言ってシャットアウトしてしまうよりは全然マシです。

 

相手としても、自分が大切にしている価値観を理解しようとしてくれる人には、心を開き好感を持つようになるものです。

 

究極の他者理解のメリット

テレビを見ていて、「この番組面白くない」とかつい口癖で言ってしまうことはありませんか?

 

こういう人は要注意が必要です。

 

なぜなら、否定癖が身に付いてしまっているからです。

 

否定癖が染みついてしまうと、「○○いいよ」と言っている人に対して、「○○の何がいいのかわからない」とつい言ってしまうようになります。

 

実は「否定をする」という行為は、

相手を傷つけるだけでなく、自分にとってもデメリットがあります。

 

否定をすればするほど、自分に対して受け取り許可を出せなくなるからです。

 

否定をすればするほどどんどん選択肢が少なくなり、

自分の世界が小さくなっていきます。

 

例えば、「仕事が一番大切」だと思っている人が、

「仕事よりも家族やプライベートを優先」している人を見て、

その価値観を否定したとします。

 

そうすると、自分自身に対しても「仕事より家族やプライベートを優先」することに許可を出すことができなくなります。

 

バリバリ仕事をやっていて、ある時ふと家族と温泉旅行に行きたいと思ったとしても、

「仕事より家族やプライベートを優先することはダメなことだ」と思っているので、

自分に許可を出すことができません。

 

先ほどの例を挙げるとするなら、

「○○という漫画が面白い」という価値観を全否定することにより、

その漫画から得られる知識や世界観を受け取ることができなくなります。

 

「何が面白いのかわからない」と思っている漫画を真剣に読む人はいませんよね。

 

でもひょっとしたら、その漫画の中に自分の人生を変える大きなヒントがあるかもしれないわけです。

 

「否定をする=受け取りを拒否する」ということは、

それだけチャンスを放棄し、人生の選択肢を限定してしまうということになります。

 

引き寄せの法則を否定している人は、

引き寄せの法則を活用することができません。

 

仮に引き寄せの法則を信じることができなくても全否定するのではなく、

「そういうものもひょっとしたらあるかも」ぐらいに思っておいた方が、人生はもっと楽しくなります。

 

人生の達人や人生がうまくいっている人は、

本当に他人を否定することがありません。

 

それどころか「それいいじゃん!」と言って、

相手のことを褒めます(表面上ではなく心から)。

 

www.theloablog.com

 

彼らの人生がうまくいっているのも、

否定しないことで、ありとあらゆるチャンスがやってくるからでしょう。

 

「楽してお金を稼ぐことは悪だ」と思っている人は、

絶対に不労所得を得ることはできません。

 

究極の他者理解をすることは、

自分の世界観を広げるチャンスでもあります。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。